四宮 米蔵
(しのみや よねぞう)
1769年(明和六)−1835年(天保六)

  淡路の生まれ。淡路津名町に現存する「千規庵」の寺男をしながらまったくの独学で碁を覚えたという。その後諸国を遊歴し、賭碁師「阿波の米蔵」(地元では“神畑の米蔵”)の名は全国に知れ渡った。「三千両ばかり勝ちたりといえども、皆酒色遊女賭博等に遣い果たし」たという。

  1820年(文政三)米蔵五十一歳のとき、藩主蜂須賀阿波守の供に加えられ上府し、本因坊家に対局を求めた。米蔵の名はつとに高く、当時六段ながらも実力は名人級の丈和が応じ、米蔵二子局十一番が行われ、米蔵の四勝六敗一持碁で三段を許された。文政七年には四段。

  関山仙太夫は「米蔵は手の見え甚だ優れたり。一向に法を用いず、我流を打つ強五段の業ある珍物なり」と評し、丈和が自著『国技観光』に全局採録するほどに、力碁の評価は高い。後年、一生軒無案と号して大阪に定住した。墓所は道頓堀の法善寺。


木石庵