関山 仙太夫
(せきやま せんだゆう)
1784年(天明四)−1859年(安政六)

  信州松代藩士、真田家に仕えて知行百石。幼名虎之助、隠居して竹林亭と称した。長坂猪之助、片山知的と並ぶ武家三強の一人であり、四宮米蔵、菊池康郎とともにアマ三強の一人と目される。

  1797年(寛政九)出府し、坊門の水谷琢元に師事の後に水谷琴花の紹介により改めて本因坊烈元に入門して十六歳で初段を許されたが、同僚に「虎之助碁才余りあるも、武道に疎し。これ武士の本旨にあらず」と武芸の未熟を罵られたために、文武百般免許皆伝の後にふたたび碁に戻ったと云う。

  本因坊丈和の代に棋格五段を謳われ、帰郷の際に初段からいきなり五段を望んだが、丈和と言えども五段の高段を素人に許すわけにもいかないために三段を勧められ、へそを曲げた仙太夫は、ならばと終生初段を通したという。本人は七段格をもって任じていたから、史上最強の初段である。

  1831年(天保二)帰国して中央との接触も途絶えたが、六十八歳のときに本因坊秀策を松代に招いて二十日間に定先で二十番碁を打ち、七勝十三敗、妙碁と称すべきもの二局ありと秀策の評。七十三歳のときには当時十九歳、五段の村瀬弥吉を招いて十番碁を打ち、一勝八敗一持碁。

  藩主の祐筆(秘書)だけあって碁の著作も多く、おびただしい注釈を書き残した。『囲碁方位初心階』、『囲碁初心調練階』、『聖賢純華妙碁集』、『竹林修業用魂集』など。『座隠談叢』に次のようなエピソードがある。

  「仙太夫常に煙草を喫するに、拳大の煙管(きせる)を以ってせり。而して対局中、己の勝利なりと断定したるときは、その煙管を取り出して磨き初む。此僻百局一律なり。故に対手は仙太夫が煙管を磨くを見れば、一層の注意を払ひたりといふ」


木石庵