奥貫 智策
1786年(天明六)−1812年(文化九)

  「武州幸手の産にして、幼より坊門に入り、頗る敏捷の少年なりしかば、元丈大いに望を嘱し、跡目とせしに、文化九年九月二十七日二十七歳五段にして逝けり」『座隠談叢』

  本因坊智策と記された資料はないが、墓所が坊家の菩提所である東京巣鴨の本妙寺にあることから、事実上本因坊元丈の跡目とされていた。死因は不明。最後は五段ながら七段の力があったと言われる。

  1803年(享和三)十七歳の時、在野の強豪山本源吉(道佐)に先々先から定先に打ち下げられたことを大いに恥じ、研鑚を重ね、五年後に遠州浜松の源吉宅を訪れ、互先十一局を持碁一局の打ち分けとした。同じ頃、丈和を出羽国鶴岡に出向かせ、長坂猪之助と対局させているのは、坊家が将来を担うはずの二人を競わせたものだろうか。

  また、1805年(文化二)頃に元丈と天下を二分していた安井知得と集中的に対局しているのは坊家の継承者として英才教育を施したのだろう。ライバルとなる丈和の棋譜が現れるのはこの二年後の長坂猪之助との二十一番碁であり、丈和が元丈の正式な跡目となるのは智策が没して7年後だった。才能は早くから開花し、常に丈和舟橋元美に先行していた。

  安井門下の鈴木知清との対局譜百局を収めた『対手百談』(全四巻)が1809年(文政六)に刊行された。知清は知策の芸と人柄に深い感銘を受けていたと云う。


木石庵